錦秋の那珂川逍遥


フェザークラフトユーザーmasaさんグループの皆さんと、酒と鮭と紅葉狩りに行ってきました…

那珂川中流域の山間部にて。この区間はなるべく漕がないで、風景を吟味しながらノンビリ下るのがコツである。
那珂川中流域の山間部にて。この区間はなるべく漕がないで、風景を吟味しながらノンビリ下るのがコツである。

 

フェザークラフト社がフネの生産を中止する。
事実上、廃業するということである。 自分にとっては思い入れのある旅する道具なので、残念で仕方がない。

それでも大切なことは、ナニで旅をしたかではなく、どんな旅をしたかと云うことである。
なので、SUPがその代わりになるのならば、個人的にはそれで一向に構わないと思っている。

旅するSUPはこれからである。
旅するSUPはこれからである。

けれども、フェザークラフトの本当の魅力は、自分自身で旅する喜びを与えてくれることにある。
それは、趣味や嗜好の範疇を越えて、さすらいの文化を築き上げ我々を魅了してやまない。
その象徴たる現代のスキンカヤックが姿を消すということは、連綿と築き上げてきた文化の消滅を意味するのではないか?
本当に口惜しいのは、そのことである。

最近はありがたいことに、色々お誘いを受ける機会を得て、ワイワイ漕ぐのも悪くないなぁ…と、思っている。

 

炎の宴の翌日、朝イチのお仕事は、火を熾すことと、お湯を沸かすことである。そしてようやく一日が始まる。
炎の宴の翌日、朝イチのお仕事は、火を熾すことと、お湯を沸かすことである。そしてようやく一日が始まる。
以前は綺麗な松林と野芝だけの野営地だったのだが、すっかり整備されて人気のキャンプサイトになってしまった。噂のパップテントも約1名。
以前は綺麗な松林と野芝だけの野営地だったのだが、すっかり整備されて人気のキャンプサイトになってしまった。噂のパップテントも約1名。
おとっつぁんは、未だ微睡の中。その向こうではカレントの組み立て中。
おとっつぁんは、未だ微睡の中。その向こうではカレントの組み立て中。
どうやら、組立が巧くいかないため、後輩が再度入念にチェック。この作業がフネを長生きさせる秘訣なのかもしれない。
どうやら、組立が巧くいかないため、後輩が再度入念にチェック。この作業がフネを長生きさせる秘訣なのかもしれない。
早速朝ご飯。大量に肉の入った焼きそばが、容赦なく配給される。自分は玄海灘風鳥釜飯と、フリーズドライの味噌汁を強制配給した。
早速朝ご飯。大量に肉の入った焼きそばが、容赦なく配給される。自分は玄海灘風鳥釜飯と、フリーズドライの味噌汁を強制配給した。
無事組みあがった赤いカレントを駆るKさん。相当な空手の使い手とのことなので、なるべく粗相のないように背後からひっそりと撮影。
無事組みあがった赤いカレントを駆るKさん。相当な空手の使い手とのことなので、なるべく粗相のないように背後からひっそりと撮影。
N君。噂の登山部茨城県代表の強者。大型船のボイジャーをすいすいと操る、恐るべき体力の持ち主。ツーリングは日曜日なのに、金曜日から天幕生活を楽しんでいたらしい…
N君。噂の登山部茨城県代表の強者。大型船のボイジャーをすいすいと操る、恐るべき体力の持ち主。ツーリングは日曜日なのに、金曜日から天幕生活を楽しんでいたらしい…
masa夫妻。この日、那珂川の冷たい水の洗礼を受けたのは、私と彼女のみ。ドライスーツの実用性を実感できたようである。
masa夫妻。この日、那珂川の冷たい水の洗礼を受けたのは、私と彼女のみ。ドライスーツの実用性を実感できたようである。
F君。現役消防士の実力派。私のSUPを難なく乗りこなす。入水を期待していたのだが、実際に落ちたのは自分の方であった。
F君。現役消防士の実力派。私のSUPを難なく乗りこなす。入水を期待していたのだが、実際に落ちたのは自分の方であった。
おとっつぁん。40代乙女座A型の独身オトコ。快晴の青空のもと、何をそんなに俯き加減になることがあるのか?Kさんの鉄拳で目覚めさせてもらったら良いのではないか…
おとっつぁん。40代乙女座A型の独身オトコ。快晴の青空のもと、レジェンドが何をそんなに俯き加減になることがあるのか。
風邪も無く穏やかな水面をゆく。体験ツアーと思しき御一行様と抜きつ抜かれつ。
風も無く穏やかな水面をゆく。体験ツアーと思しき御一行様と抜きつ抜かれつ。それでも我々は、気儘にマーペース。
自艇の良さは、何と言っても自由であることに尽きる。この解放感は、看花走馬のツアーでは絶対に味わえないのである。
自艇の良さは、何と言っても自由であることに尽きる。この解放感は、看花走馬のツアーでは絶対に味わえないのである。
この下流部で不覚にも沈。以外にも、再醸艇(板?)が楽なので、悲惨な感じは全くない。
この下流部で不覚にも沈。以外にも、再醸艇(板?)が楽なので、悲惨な感じは全くないが水温10度はかなり冷たい。これからはドライスーツ着用をお勧めする。また、視点がカヤックよりも高いので、見通しがきいて大変都合が良い。立って漕げば多少の瀬でもスリリング。危なそうであれば、座ってしまえばOK。旅するSUP、まだまだ面白そうである…

%e7%9b%b8%e7%94%b0%e5%a4%ab%e4%ba%ba


那珂川中流域の山間部にて。このエリアはなるべく漕がないで、じっくり風景を吟味しながら下るのがコツである。

2016-11-13 13:05 那珂川(下野大橋~新那珂川橋)

トラック数 2
ポイント数 968

平面距離  17.4km
沿面距離  17.8km

記録時間 02:59:20

平均速度 5.9km/h
最高速度 18.4km/h

お疲れ様でした。


  5 comments for “錦秋の那珂川逍遥

  1. くらッちょ
    2016年11月14日 at 10:28 AM

    お疲れさまでした。
    全員と初対面&ツーリング…
    昔の釣り・カヌーでは割と頻繁に今回みたいな初対面者が参加してたのを思い出した。
    まさに一期一会。
    そして皆様、強烈に個性的…

    • marutaka
      2016年11月14日 at 11:58 PM

      夜半からの参加、お疲れ様でした。
      当時はファルトでソロというスタイルの人が結構多くて、折角なので…と云う感じで一緒に漕いだ記憶がある。
      携帯電話の普及する前だったから、連絡先とか交換せずに一期一会というケースがほとんど。
      色々便利になった代わりに、無くなってしまったコトもあるなぁ…
      久々に沈して、そんなことを冷静に考えていたよ。

  2. so-1
    2016年11月15日 at 7:02 AM

    なんかスゴイですね。。。
    水がとても冷たそうです。

    キレイ~紅葉もバッチリでしたね!

    • marutaka
      2016年11月15日 at 7:28 AM

      どうも!どうもです!!

      水温10度は結構冷たいです。
      風も無く、穏やかな天気だったので事なきを得ました。
      紅葉はもう少し楽しめそうですよ。

      ホントはお昼にビールを飲みたかったのですが、おとっつぁんがダメだというので…

      ブハハハハハハッ!

コメントを残す